カート 0
  • カートの中は空です
本当に美味しい日本のワイン

本当に美味しい日本のワイン

熊本ワイン

熊本発!菊鹿シリーズで注目される、日本最高峰のシャルドネ

「Japan Wine Challenge」や「日本で飲もう最高のワイン」を始め、様々なコンクールで多くの受賞歴をもつ熊本ワイン。1999年設立とまだ新しいワイナリーながら、磨きのかかった、美しくエレガントな味わいで国内外から注目されているんです。特に人気の高い菊鹿シリーズはほとんどが地元・熊本で消費されるため、県外で手に入れることはとても難しいんです。ぜひ急いで手に入れて、日本最高峰の味わいをお楽しみくださいね!

 

■限定品、超入手困難は「菊鹿シャルドネ」

NV表記の理由は、美味しさにこだわり、より複雑味を出すためにフレッシュに仕上げたぶどうと、1年樽で寝かせた柔らかく深みのあるぶどうをブレンドして造っているから。限定品となりますから、見つけたら即買いするべき逸品です!

 

 

■ワインコンクールで金賞・コスパ賞をW受賞!

チャーミングなベーリーAのイメージが、樽熟成によって深みのある妖艶な味わいに大変身!鶏の照り焼きや、竜田揚げなど、甘辛い味付けの料理と相性抜群です。※こちらは容量が720mlとなります。

 

 

■すっきり優しい甘みとまろやかな酸味に癒されます

デラウェアは元の糖度が高い分甘いというイメージが付きがちですが、徹底された温度管理と低温での発酵により、すっきりとした優しい甘みと、余韻が長い酸味のワインになりました。香りだけで判断してしまうと驚かされますよ!

 

 

■肉じゃがや角煮にも合うチャーミングな赤ワイン

滑らかな果実味とタンニン、イチゴやラズベリーの香りが可愛らしい1本。バランスの良さとほのかな甘さで和食との相性が良く、特に肉じゃがや角煮といった、お醤油を使った料理の相性は抜群ですよ。

 

 

シャトー勝沼

「日本のモンラッシュ」で造られる、「和」を大切にしたワイン

日本を代表するぶどう品種「甲州」を栽培するのに最も適している産地、勝沼の中でも、「鳥居平」という地区は日本のモンラッシェと言っても過言では無いほど、特級畑と呼ぶにふさわしい条件を兼ね備えているんです。その半分以上を所有するシャトー勝沼が造るのは、一緒に味わう料理の邪魔をせず、でも単体で味わえば独特の味があるワイン。「和」を貴ぶ日本らしい味わいは、世界でも高い評価を得ています。

 

■ちょっと珍しい甲州のスパークリング

きめ細かい泡を保つため、冬の寒い時期にだけ瓶詰を行っているこだわりの1本。辛口ながら甲州らしいほんわかとした甘さがあり、みりんやめんつゆを使ったお料理にもピッタリ!和食派にもオススメのスパークリングです。

 

 

■まるでピノ!?チャーミングでジューシーな赤

チャーミングな香りと果実味が特長の「マスカットベーリーA」ですが、シャトー勝沼のベーリーAは可愛いだけじゃありません!果実味と全体を引き締める酸味と紅茶の香りがあり、まるで熟成したピノ・ノワールのような風格を漂わせています。

 

 

■さすが日本代表品種!出汁やお寿司にも合うワイン

日本を代表する品種、甲州。とても綺麗な酸味を中心に、あえて柔らかい甘さを残したピュアな味わいが、和食の「出汁」や「煮物」などと最高にマッチします。酸味が柔らかいので、お刺身やお寿司とも相性抜群ですよ。

 

 

■日本のモンラッシュから造られる、深みのある白

日本のモンラッシェ「鳥居平」の甲州100%で造られた贅沢なキュヴェ。豊富な日照量からもたらされる凝縮した果実味と、冷涼な風「笹子おろし」による美しい酸と余韻の長さが素晴らしく、エレガントさが感じられる逸品です。

 

 

■「これが甲州!?」良い年にしか造られない限定キュヴェ

真夏日が40日間続くという記録破りの猛暑により、グレイトヴィンテージとなった2004年にしか造られなかった勝沼の限定ワイン、キュヴェ・ユカ。優しい甘みと、コクのある旨み。長い余韻に、「これが甲州!?」とびっくりする美味しさですよ!

 

 

■現地でも買えません!50年後も美味しく飲めるキュヴェ・ユカ

グレイトヴィンテージの2004年に生まれた今村会長のお孫さん「ユカ」ちゃんにちなんで名づけられたキュヴェ・ユカは、実はワイナリーに直接行っても買えない限定品。とろりと滑らかな口当たりに、心地良い酸味とほろ苦さのある、果実味がボリューム満点な1本です。

 

 

シャトー・ジュン

国産ワインコンクールで10年以上連続受賞!ファンを惹きつけ続けるワイナリー

ファッションメーカー「JUN」のワイナリーとして1979年に誕生したシャトー・ジュン。山梨県甲州市勝沼町の自社畑で少量ながらぶどうの栽培も行っており、小さなワイナリーでていねいに造られるワインは日本ワインファンの間でも高い人気を誇ります。専門家の間でも常に高い評価を得ていて、「Japan Wine Competition(国産ワインコンクール)」ではなんと10年以上連続で受賞している注目のワイナリーなんです。

 

■和食や中華と合わせたいリッチなセミヨン

八ヶ岳の麓、白州町で栽培されているセミヨンを使用。新樽を使って熟成されており、穏やかな酸味のリッチな味わいをお楽しみ頂けますよ。ホタテのソテーや中華などの組み合わせもおすすめでき、和食にも合うワインです。

 

 

■G20大阪サミットで提供された、日本が誇る甲州

大阪で開催されたG20大阪サミット2019で、各国の首脳に振る舞われたこちらのワイン。フレンチオークの樽にて8ヶ月間熟成させることで、スパイスやトーストの香ばしさが心地よい、果実味豊かなワインに仕上がっています。

 

 

■シーフードとの相性抜群!爽やかな辛口白

ステンレスタンクで発酵の後、アメリカンオークの樽にて8ヶ月熟成させたこだわりのワイン。ほのかな吟醸香と樽香のボリュームがあり、爽やかな酸味と余韻のほろ苦さが、魚介のお料理と寄り添えるワインとなっています。

 

 

■幅広い料理に寄り添う、まろやかでエレガントなシャルドネ

自社畑のシャルドネを100%使用した、豊かな酸と樽の香りをもった白。バターや胡椒と相性が良く、国産ワインコンクールにも入賞している畑で新樽使用率の高い贅沢な造り。1年を通して色々なお料理と楽しめる、使い勝手のよいワインです。

 

 

■勝沼ソーヴィニョン・ブラン100%使用!爽やかな旨い白

甲州市勝沼町産のソーヴィニヨン・ブランだけで造られたこちらは、みかんや桃、パッションフルーツが柔らかに香り、爽やかな酸味が和食にも合うワインです。凝縮した果実味の、旨味たっぷりの1本ですよ。

 

 

ドメーヌ・レゾン

北海道・中富良野の新ワイナリー!デイリー価格で高品質なワインに注目

2019年に北海道の中央部・中富良野にオープンしたばかりのドメーヌ・レゾンは、冷涼な気候を活かしたキリッとした酸を持つ、高品質なワイン造りを行っています。今回ご紹介する「メリメロ」シリーズは、親しみやすいぶどう品種に、北海道産ぶどうのシャープな酸味が加わった、デイリー価格ながら最高のコストパフォーマンスを誇ります。また、ワイナリーにはヤギが放牧されていて、ヤギチーズとのマリアージュも最高なんです♪

■マスカットを頬張ったみたい!デイリーで楽しみたいコスパ高ワイン

摘みたてのマスカットを頬張ったような、瑞々しく清涼感のある甘い香りが特長です。ジューシーな果実味に、控えめながらも凛とした酸、アフターに広がる上品なアロマが心地よい味わいです。シーフードやパスタ、和食にも相性抜群ですよ。

 

 

■チーズやピザとも相性抜群!チャーミングな赤ワイン

圃場で自由気ままに走り回る、可愛いヤギがラベルにあしらわれたメリメロのワイン。ラズベリーやイチゴを思わせるチャーミングなアロマに、ほのかな甘み。口の中で広がる果実味が飲み飽きない赤ワインです。