カート 0
  • カートの中は空です
話題の「日本ワイン」!ブドウ品種の特徴から好みの1本を探そう!

話題の「日本ワイン」!ブドウ品種の特徴から好みの1本を探そう!

話題沸騰中の「日本ワイン」。試してみたいと思いつつ「何を選んだらいいかわからない」という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、日本ワインの定義や国産ワインとの違いについて解説したうえで、日本ワインに使用される代表的なブドウ品種を紹介していきます。

ブドウ品種はワインの味わいに大きく影響する一大要素です。品種ごとの特徴を押さえれば好みに合ったワインを探しやすくなるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

■日本ワインとは?

日本ワインの代表的なブドウ品種を紹介する前に、まず「日本ワインとは何か?」についてお話しましょう。日本ワインとは、日本国内で収穫されたブドウのみを原料とし、日本国内で醸造されたワインのことです。

従来は海外から輸入したブドウやブドウの濃縮果汁などを使用して、国内で醸造されたワインがひとくくりに「国産ワイン」と呼ばれており、原料の産地がどこなのか分かりにくい状態が続いていました。

そこで、消費者が適切に商品を選択できるよう、2015年国税庁によって『果実酒等の製法品質表示基準』が定められ、20181030日の施行日以降、条件を満たしたワインのみが「日本ワイン」と表示できるようになりました。

日本ワインの主要な生産地としては山梨県、長野県、北海道、山形県などが挙げられます。

東日本にワイン生産地が集中していますが、現在では北は北海道から南は沖縄県まで、ほとんどの都道府県でワインが造られています。

ブドウ栽培地の北限と南限では緯度の差が約18度もあり、気候も土壌も大きく異なります。

多様な気候風土で育まれる日本ワインの特徴は、その多様性にあるといえるでしょう。

 

■白ワイン用品種①:甲州

「甲州」は白ワイン用のブドウ品種の中で最も生産量が多く、その95%以上が山梨県で生産されています。

甲州ブドウの来歴について確かな資料はありませんが、近年の研究で甲州のルーツはヨーロッパや中東のブドウ品種であるヴィティスス・ヴィニフェラと、中国のブドウ品種であるヴィティス・ダヴィーディのDNAが含まれていることがわかりました。

このことから甲州はカスピ海付近のヴィティス・ヴィニフェラ種のブドウが中国を渡り、その間に野生種と交雑しながら日本に伝わってきたと考えられています。

甲州のワインの特徴は、フルーティーな香りとすっきりとした辛口の味わいです。香りも味わいも比較的穏やかなため、料理の繊細な味わいを壊しません。なかでも出汁で味付けをして、素材そのものの味を楽しむような和食によく合います。

とはいえ、最近ではシュール・リーや果皮と共に醸し発酵させるなどの特殊な製法により、一概に「穏やか」の一言では言い表せない、複雑で個性的な香りや味わいをもつ甲州ワインも増えてきています。

 

■白ワイン用品種②:ナイアガラ 

日本の白ワイン用ブドウ品種で、甲州の次に生産量が多いのが「ナイアガラ」です。

生食用としても親しまれているブドウ品種で、主に長野県や北海道、山形県などで生産されています。アメリカのナイアガラで交配された品種で、日本には明治時代に伝来しました。

ナイアガラのワインには、フルーティーで心地よい中甘口から甘口のワインが多いのが特徴です。また、ナイアガラから甘口のスパークリングワインが造られることもあります。

いずれにしてもワインを飲みなれていない方でも比較的飲みやすい味わいのため、ワイン入門にピッタリな品種といえるでしょう。

 

■ 赤ワイン用品種①:マスカット・ベーリーA

「マスカット・ベーリーA」は赤ワイン用のブドウ品種として、日本で最も生産量が多い品種です。

新潟県で「岩の原葡萄園」を開いてブドウの交配育種に力を注ぎ、「日本ワインの父」とも呼ばれる川上善兵衛によって1927年に開発されました。

マスカット・ベーリーAは国内各地で栽培されており、特に生産量が多いのは山梨県や長野県、山形県などです。イチゴのキャンディーのような甘い香りに、フルーティーで渋みが穏やかな味わいが特徴で、すき焼きなどの甘辛い味付けの肉料理ともよく合います。

 

■赤ワイン用品種②:メルロー 

メルローはフランスのボルドーを原産とする、赤ワイン用のブドウ品種としては日本3番目に生産量が多いブドウ品種です。

北は北海道から南は大分県まで、かなり広い範囲で生産されていますが、特に有名な産地は長野県塩尻市にある桔梗ヶ原。19891990年の「リュブリアーナ国際コンクール」で桔梗ヶ原産のメルローを使用したワインが大金賞を連続受賞したことで脚光を浴びるようになりました。

メルローのワインは果実味が豊かで渋みはソフト、まろやかな味わいになるのが特徴です。

サーロインステーキなど、ボリューム感のある肉料理などとよく合います。

 

■まとめ

ブドウ品種はワインの味わいに大きく影響します。もしワイン選びに迷ったら、今回ご紹介したブドウ品種の特徴から自分の好みやワインを飲む機会にふさわしい1本を選んでみてはいかがでしょうか?