カート 0
  • カートの中は空です
ワインラバー憧れの的!「5大シャトー」を一挙に紹介!

ワインラバー憧れの的!「5大シャトー」を一挙に紹介!

 ワインの「5大シャトー」をご存知でしょうか?これはフランスの一大銘醸地であるボルドーのメドック地区のワインの格付けにおいて、第1級に輝く5つのシャトー(ワイン生産者)を指しています。 

1855年の制定以来、ほとんど変更のないメドックの格付けにおいて第1級に輝くシャトーのワインは、まさに世界のトップ!多くのワインラバーの憧れの的となっています。今回は、そんな5大シャトーについて詳しく解説していきましょう。

 

■シャトー・ラフィット・ロートシルト 

メドックの格付け、第1級シャトーの代表ともいえるのがシャトー・ラフィット・ロートシルトです。

メドック地区、ポイヤック村の北端に位置するシャトー・ラフィット・ロートシルトの畑は、石灰質を基盤とする砂利質の土壌で、メドックでも最上と目されています。 

そのワインはたぐいまれなる優雅さと力強さを兼ね備えており、「究極のエレガンス」ともいうべき繊細で気品あふれる味わいが特徴的です。

このワインを世に広めたのは、フランス国王ルイ15世の愛妾として知られるポンパドゥール夫人です。ヴェルサイユ宮殿の晩餐会で必ず飲んでいたことから王室御用達のワインとなり、瞬く間に貴族の間でステータスシンボルとなっていきました。 

革命などによってシャトーの所有者には数々の変遷がありましたが、その高い評価は変わらず、洗練された高貴な味わいで人々を魅了し続けています。

近年は中国市場での人気が高く、価格の高騰が激しくなっていますが、その雰囲気を味わうならセカンドラベルの「カリュアド・ド・ラフィット」がおすすめです。芳醇なアロマが、気品あふれるラフィットの格式を感じさせてくれるでしょう。

 

■シャトー・マルゴー 

シャトー・マルゴーは、マルゴー村から唯一メドックの格付け第1級に選ばれたシャトーです。

マルゴー村は石灰質や粘土交じりの泥土の層の上に砂利や泥土が広がる土壌で、ふくよかでエレガントなワインの産地として名高い村。その中でも群を抜くハイレベルのシャトーが、シャトー・マルゴーなのです。

そのワインはしなやかさや柔和さの中に、しっかりとした存在感や内に秘めた静かな力強さがあり、まさに女王の風格があります。控えめな中にも堂々たる品格とエレガンスを携えており、五大シャトーの中で最も「女性的」と形容されています。

セカンドラベルは「パヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴー」。華やかな香りの中にスモーキーなニュアンスが漂い、マルゴーらしいエレガントで女性的な味わいが楽しめます。

 

■シャトー・ラトゥール

ブドウ農園のシンボルであるサン・ランベールの塔がラベルに描かれるシャトー・ラトゥール。ポイヤック村の南東端、ジロンド川に近い場所に位置するシャトーです。

ジロンド川の輻射熱の影響によって畑が温暖に保たれるなど、ブドウの栽培にとって利点の多い立地です。シャトー・ラトゥールのワインは、豊富なタンニン(渋み)からもたらされる力強く濃厚な味わいで、堂々たる風格を備えています。その力強く荘厳なスタイルから、五大シャトーの中で最も「男性的」と形容されているワインです。

もちろん、ただ渋いだけではなく、ふくよかな果実味とのバランスがとれており、上品さと底知れぬスケール感も備えています。

セカンドラベルは「レ・フォール・ド・ラトゥール」。ラトゥールらしい男性的な味わいで、ファーストラベルにも引け劣らない特級品です。

 

■シャトー・オー・ブリオン

シャトー・オー・ブリオンは5大シャトーの中で、唯一メドック地区以外のグラーヴ地区のペサック・レオニャン村から選ばれたワインです。 

メドック格付けが制定された1855年当時、シャトー・オー・ブリオンは既に確固たる名声を築いていたために、例外的にメドック地区以外から選ばれました。

そのワインの特徴は、優雅な心地よいアロマと濃厚な旨味。5大シャトーのワインはどれもカベルネ・ソーヴィニヨンというブドウ品種を主体とし、メルローやカベルネ・フラン・などの品種のブドウをブレンドしていますが、シャトー・オー・ブリオンのワインは最もメルローの比率が高く、他の4つのワインとは違ったニュアンスが感じられます。

セカンドラベルは「ル・クラランス・ド・オー・ブリオン」。飲みやすいエレガントな味わいです。

 

■シャトー・ムートン・ロートシルト

1973年にメドック格付け第2級から第1級への昇格を果たしたシャトー・ムートン・ロートシルト。1855年制定の格付けが変更された、極めて珍しい例です。

ポイヤック村のシャトー・ラフィット・ロートシルトと隣接した場所に非常に良いブドウ畑を所有しており、芳醇な香りに柔らかくも力強いリッチな味わいのワインを生み出しています。

また、毎年異なるアーティストがラベルのデザインを手掛けているのも人気の秘密。ラベルのコレクターも多いそうです。セカンドラベルは「ル・プティ・ムートン・ド・ムートン・ロートシルト」。生産本数が少なく、ファーストラベルよりも入手困難ともいわれています。

 

■まとめ

ご紹介したワインはどれも世界中のワインラバーが憧れる超一流品。かなり高額ではありますが、ここで紹介しているセカンドラベルなら手が届く範囲かもしれません。まずは5大シャトーへの足掛かりとして、セカンドラベルから試してみるのもおすすめです。