カート 0
  • カートの中は空です
フランスの一大銘醸地「ブルゴーニュ地方のワイン」とは?

フランスの一大銘醸地「ブルゴーニュ地方のワイン」とは?

ワイン王国・フランスの中でも、特に銘醸地として名高いブルゴーニュ地方。

今回はそんなブルゴーニュ地方の気候・風土から、ブドウ品種やワインの特徴、郷土料理にいたるまで詳しく解説しています。

ブルゴーニュ地方のワインをもっと楽しみたい、もっと美味しく味わいたいという方はぜひ参考にしてください。

 

■ブルゴーニュ地方とは

 

ブルゴーニュ地方はフランスの東部に位置し、南北300㎞にわたってワインの産地が広がっています。気候は比較的冷涼な半大陸性気候で夏は暑く、冬は寒いのが特徴です。また、一日の中で昼夜の寒暖差が大きく、この寒暖差がブドウの栽培に良い影響をもたらしています。

ブルゴーニュ一帯は、ジュラ紀(約2億年~15千万年前)の時代には浅い海に覆われていました。牡蠣などの貝類の化石から成る石灰質や粘土石灰質の土壌はピノ・ノワールやシャルドネといったブドウ品種の栽培に適しています。なお、ブルゴーニュ地方の最も南に位置するボジョレー地区は花崗岩質土壌です。

今でこそ銘醸地として名高いブルゴーニュ地方ですが、この地のワインづくり発展の歴史はカトリック修道会の貢献なしには語れません。カトリックの修道士たちは、わずかな畑の場所の差がワインの個性に違いをもたらすことを見抜きました。

そして、そこから「特級畑(グラン・クリュ)」や「一級畑(プルミエ・クリュ)」といった畑ごとの格付けが制定され、今日の銘醸畑の基礎を築いたのです。

 

■ブドウ品種

 

ブルゴーニュ地方のワインは一般的に、複数の品種のブドウをブレンドするのではなく単一のブドウ品種からつくられます。ここからはブドウの品種別に紹介していきましょう。

まず、赤ワイン用のブドウ品種で主要な品種がピノ・ノワールという品種です。ピノ・ノワールはブルゴーニュ地方の日当たりの良い粘土石灰質の土壌でよく育ちます。

ピノ・ノワールのワインは赤いベリー系の果実やバラの香りが顕著で、熟成するとトリュフや紅茶などの香りがあらわれる特徴があります。赤ワイン用の品種には、ほかにもガメイという品種があります。ボジョレーのような花崗岩質を好む品種で、フレッシュな果実味と軽やかな味わいが特徴です。秋の風物詩としておなじみの「ボジョレー・ヌーヴォー」も、実はガメイからつくられています。

次に、白ワイン用の品種を見ていきましょう。白ワイン用の品種で主要な品種はシャルドネという品種です。ミネラル分の多い土壌を好み、ブルゴーニュ地方のような石灰質の土壌では特に高品質なワインを生み出します。

特にブルゴーニュ地方のシャブリ地区でつくられるシャルドネのワインが高名です。ほかにもアリゴテという品種が栽培されており、クレマン・ド・ブルゴーニュ(スパークリングワイン)などに使用されています。

 

■ブルゴーニュのワインの香りや味わいの特徴

「ワインの王」とも呼ばれるブルゴーニュ地方のワイン。しかし同じブルゴーニュ地方のワインであっても、地区ごとに生産されるワインの個性はさまざまです。

ブルゴーニュ地方のワインの産地で最北に位置するシャブリ地区では冷涼な気候と牡蠣の化石を含む石灰質土壌から、爽やかでミネラル豊かなシャルドネの白ワインが生産されています。 

高級ワインとして知られるロマネ・コンティの畑を有するコート・ド・ニュイ地区では、生産されるワインの9割近くがピノ・ノワールからつくられる赤ワインです。この地区の赤ワインは特に優れた芳香をもち、長期熟成に耐えることができます。 

コート・ド・ニュイ地区の南に位置するコート・ド・ボーヌ地区では赤ワインだけでなく、白ワインの生産も盛んです。白ワインの特級畑(グラン・クリュ)が集中しており、エレガントで力強い白ワインが多く生産されています。

ブルゴーニュ地方のワインの産地で最も南に位置するボジョレー地区は、ガメイからつくられるボジョレー・ヌーヴォーで有名な産地です。その一方で、長期熟成に耐えうるポテンシャルのあるガメイの赤ワインもつくられています。

 

■ブルゴーニュのワインと相性抜群のブルゴーニュ郷土料理

 

最後にブルゴーニュ地方の郷土料理を紹介しましょう。ワインの産地として名高いブルゴーニュ地方にはワインに合う郷土料理がたくさんあります。

まずビストロの定番メニューでもある「ブッフ・ブルギニョン(牛肉の赤ワイン煮)」。 

ブルゴーニュのワインで牛肉をじっくり煮込んだ料理でブルゴーニュの赤ワインと相性抜群です。

次にフランス人が大好きな「エスカルゴ・ア・ラ・ブルギニョンヌ(ブルゴーニュ風エスカルゴの殻焼き)」。ニンニクバターの風味が特徴的で、ブルゴーニュの白ワインと好相性です。

ほかにも定番の前菜に「ジャンボン・ペルシェ(ハムとパセリのゼリー寄せ)」があります。

ハムとパセリをコンソメ風味のゼリー寄せにしたもので、ブルゴーニュの白ワインやボジョレー地区の赤ワインなどと抜群の相性です。フランス料理店やビストロなどでこれらの料理を召し上がる機会があれば、ぜひブルゴーニュのワインを合わせて楽しんでください。

 

ブルゴーニュのワインについて詳しく解説しましたが、いかがでしたか? 

知識はつけばつくほどワインが美味しく、楽しく感じられるようになります。ぜひ今以上にブルゴーニュのワインを楽しんでみてくださいね。