カート 0
  • カートの中は空です
今話題の「オレンジワイン」。その歴史と魅力に迫る!

今話題の「オレンジワイン」。その歴史と魅力に迫る!

「オレンジワイン」というワインをご存知でしょうか?

実は今、世界のワイン愛好家たちの中でおおいに注目されているワインです。

今回は「オレンジワインが好き!」という方はもちろん「これからオレンジワインに挑戦してみたい」「そもそもオレンジワインって何?」という方に向け、オレンジワインの楽しみ方について紹介していきましょう。

 

■オレンジワインとは?

まず「オレンジワインとは何か?」という基本的な知識をおさえておきましょう。

オレンジワインとは「スキンコンタクト」という特殊な製法でつくられたオレンジ色のような色味を帯びた白ワインのことです。

通常、白ワインをつくるときは白ブドウと呼ばれる果皮が黄緑色のようなブドウの果汁を絞り、果皮や種を取り除き、果汁のみを発酵させてつくります。

一方、オレンジワインは白ワインと同じく白ブドウを原料にしながら製法が少し異なります。それが「スキンコンタクト」と呼ばれる、一定の期間、果皮や種を果汁に漬け込ませるという製法です。

赤ワインは果汁に果皮を漬け込んでつくるため、オレンジワインは赤ワインの製法に近い白ワイン、ともいえるでしょう。

この「スキンコンタクト」によって、白ブドウの果皮に含まれる黄色系の色素が果汁に移り、ワインの色がオレンジ色になるのです。また果皮に含まれる香りや種に含まれるタンニン(渋み)もワインに移行するため、より香り高い複雑な味わいのワインに仕上がります。

 

■オレンジワインの歴史

オレンジワインは今からおよそ8000年前、現在のジョージアあたりで製造が始まった歴史の長いワインです。

実際、ジョージアはワインづくりの発祥の地として知られており、当時のワインづくりに関する遺跡なども出土しています。

ワインといえばフランスやイタリアというイメージがあるので、ジョージアがワインの発祥の地であることを意外に思う方も多いのではないでしょうか。

ジョージアでは古来より「クヴェヴリ」といわれる土の中に埋めた陶器の中でオレンジワインを製造してきました。

空調などが存在しなかった時代でも、土の中に埋めることで安定した温度のもとでワインを発酵させたり、熟成させることができたのです。ジョージアにおける「クヴェヴリ」による伝統的な醸造方法は、2013年には世界無形文化遺産に登録されています。

オレンジワインは最先端のワインというわけではなく、ワインの中では最も古い部類に属するワインということができるでしょう。

ただジョージアは長い間、旧ソ連の支配下にあったためオレンジワインが国際市場には出まわることは、ほとんどありませんでした。

そんなオレンジワインを世に広めたいという各国の生産者たちの努力により、現在では日本を含むさまざまな国でオレンジワインが生産されています。

 

■オレンジワインに使われるブドウ品種

オレンジワインはどのようなブドウ品種からつくられているのでしょう?

オレンジワインの本家ともいえるジョージアでは、主に「ルカツィテリ」や「ムツヴァネ」といった品種からつくられています。

「ルカツィテリ」は「赤い茎」という意味で果皮が厚く、アプリコットや黄桃の風味が特徴の品種です。一方、「ムツヴァネ」はピーチ系の風味や華やかなアロマを持ち、ミネラル感にも優れています。

ジョージア以外の国では、ゲヴェルツトラミネールやヴィオニエなどの品種からつくられるのが一般的で、これらの品種は「アロマティック品種」と呼ばれ、ブドウ本来の香りがはっきりと表れる品種に分類されます。

「アロマティック品種」のほうが「スキンコンタクト」により、香り高いワインになりやすいといわれています。

またイタリアではピノ・グリージョ、日本では甲州のように、その土地で生産が盛んなブドウ品種からオレンジワインがつくられることもあります。

 

■オレンジワインの魅力

最後にオレンジワインの魅力をお伝えしましょう。

ひとくちにオレンジワインといっても、中にはスパークリングのオレンジワインもあり、味わいやスタイルはさまざまです。少し甘みがあってマイルドな飲み口なものもあれば、香りや味わいに独特のクセがあるものまで、さまざまな個性を持つものが存在します。

クセが強いものは好みがわかれるところですが、どんなオレンジワインにも共通していえることは、通常の白ワインに比べてタンニン(渋み)が豊富、ということです。

渋みは本来、赤ワインに顕著なものではありますが、オレンジワインには赤ワインほどではないものの、渋みを感じます。つまり、オレンジワインは白ワインと赤ワインの中間的な味わいで、白ワインと赤ワインの両方の良さを持っているワイン、といえるのです。

そのため、オレンジワインは魚料理でも肉料理でもオールマイティーに合わせやすく、ワインと相性が良くないとされる中華料理にもよく合います。このように幅広い料理と合わせやすいフードフレンドリーなところが、オレンジワインの最大の魅力なのではないでしょうか。

 

新しいようで、実はとても古かったオレンジワイン。

現在ではさまざまな国でつくられ、多種多様なオレンジワインが存在します。赤ワインと白ワインの両者の良さを併せ持つオレンジワインは、さまざまな食事と相性の良い万能選手!皆さんもぜひオレンジワインを試して、その魅力に触れてみてくださいね。