カート 0
  • カートの中は空です
ワインの基礎を知る。初心者が知りたいワインの疑問

ワインの基礎を知る。初心者が知りたいワインの疑問

「飲みたいけど、知識がないから何を選んだらいいか分からない」「もっと詳しくなりたいけど何から勉強すればいいの?」そんな人、多いのではないでしょうか。

そこで今回はワインを選んだり、勉強したりするうえで役立つ基礎的な知識を紹介します。ワインの知識を身に付けてワインライフをもっと楽しみたい!という人は参考にしてみてくださいね。

 

赤ワインと白ワイン、ロゼワインの違いとは?

「今日はステーキだから赤ワインにしよう!」「お魚にはやっぱり白ワインかな」など、赤か白、あるいはロゼワインやスパークリングワインなどワインの選択肢は多いもの。

では赤ワインと白ワイン、そしてロゼワインの色の違いはどこから生じるのでしょう?これらの色の違いは「ブドウ品種」と「製法」から生じます。

まずブドウ品種の違いについて。

赤ワインとロゼワインは基本的に「黒ブドウ」と呼ばれる、皮が紫色のブドウから造られています。巨峰のような皮の色をイメージしていただくといいかもしれません。対する白ワインは「白ブドウ」と呼ばれる、皮が黄緑色のブドウから造られています。例えるなら、マスカットのようなブドウです。

次に製法の違いについて。

赤ワインはブドウの果汁を皮や種と一緒に発酵させるのに対し、白ワインはブドウの果汁のみを発酵させて造られています。赤ワインの色は紫色の皮から色素が果汁に抽出されることで特有の色味になっています。

ロゼワインの場合はいくつか製法がありますが、一般的には赤ワインを造る段階において適度に果汁に色がついた時点で皮や種を取り除く「セニエ法」と呼ばれる製法が採用されています。

 

ブドウ品種について

ワインに興味が出てくると「ブドウ品種」にも興味が出てきます。

ブドウ品種はワインの味わいを大きく左右する要素の一つになるので、代表的なブドウ品種の特徴をおさえておけば品種から好みの味わいのワインを見つけやすくなります。

例えば赤ワインのブドウ品種で有名な「カベルネ・ソーヴィニヨン」「ピノ・ノワール」という品種。

基本的に「カベルネ・ソーヴィニヨン」から造られたワインはしっかりとした果実味と渋みのある濃厚な味わいのワインになる傾向があります。

一方「ピノ・ノワール」のワインは果実味と酸味が豊かで渋みは穏やか。エレガントなワインになる傾向があります。

もちろん同じブドウ品種でも産地が変われば味わいも変わります。ほかの品種とブレンドされることもあるので一概にブドウ品種だけがワインの味わいを決めるとは言い切れません。

とはいえブドウ品種ごとの特徴を把握しておくことはワインの味わいを想像するうえで大いに役立ってくれるでしょう。

 

ワインの味わいの要素について

フルボディやライトボディ、辛口や甘口などワインにはさまざまな味わいがありますよね。

ではワインの味わいを構成する要素には一体どんなものがあるのでしょうか?

赤ワインの場合、さまざまな味わいの要素が重なり合って複雑な味わいを構成していますが、中心となっているのは酸味と渋みです。一般的に酸味は白ワインより穏やかですがブドウに含まれる酒石酸の影響などで酸味が感じられることもあります。

また赤ワインはブドウの皮や種から抽出された「タンニン」という成分の影響で渋みや苦みが感じられます。赤ワインには甘口がほとんどありません。そのため果実味とタンニン、アルコール度で構成されるボリューム感によってフルボディ、ミディアムボディ、ライトボディのいずれかで表現されています。

一方、白ワインは酸味が特徴です。またブドウの糖分を残した状態で造られるものもあるため辛口だけでなく、甘口テイストも存在します。白ワインはタンニンの含有量が少ないため、渋みはあまり感じられません。

 

造られた年が重要なのはなぜ?

ワインのラベルにはヴィンテージが記載されているものが多いですよね。ヴィンテージとはワインが造られた年。もう少し正確にいうと原料となるブドウが収穫された年のことです。同じ銘柄のワインでもヴィンテージによって少しずつ味わいが変わってきます。

というのもブドウは農作物なので、天候の影響を受けてその年ごとに出来・不出来があるからです。ワインの味わいにはその年のブドウの出来栄えが如実に反映され、出来が良い年のヴィンテージは「当たり年」と呼ばれることがあるのです。

なお「当たり年」は国や地域によって変わるので、気になる方は購入予定のワインの当たり年を調べてみるといいですね。「ヴィンテージ・チャート」で検索すればネットでも閲覧することができます。

ワインの知識が増えれば、ワイン選びも飲むこともそれまで以上に楽しくなるはず。この記事を参考に充実したワインライフを送ってくださいね。